太陽光発電の見積りを取るポイント

太陽光発電を設置するメーカーや施行業者によって価格は異なってきますので、費用を抑えるために、まずは見積りを出して比較してみる必要があります。

ただし、見積りを取る前に注意しておきたいのが、施行業者の体制を理解しておくことです。

たとえば、外注に出す施行業者はおすすめできません。
というのも、こういった業者は独自の施行作業員を持っていないので、施行に関してほぼ無知であるといえます。施行技術を把握していない業者に依頼しても、まともな監視や管理が出来るはずがありません。
トラブルやアフターケアに対する対応も期待できませんので、業者の体制もを事前に知っておくことが必要です。

では、見積りを出してもらう際は、以下のポイントを業者を選ぶ参考にしてください。

・自宅屋根の状況をきちんと調査した上で見積りを出してくれる
・自分の家に最適なメーカーを提案してくれる
・下請け業者(外注)に作業を流すような施行業者は駄目
・アフターフォローのサービスがある

自分でメーカーを決めることができれば構いませんが、人によってはメーカーを絞り込むのが難しい方もいますよね。
どのメーカーが自宅に合っているのか分からない、希望メーカーがないという方は、施行業者に導入するメーカーも検討してもらうことが出来ます。きちんとアドバイスしてくれる業者であるかということも踏まえて業者を選びましょう。
また、その際に素人にも分かりやすく説明してくれるかということが重要です。

1社ずつに見積もり依頼をしてもいいのですが、手間だな〜と思う方は「太陽光発電の一括見積り」を利用してみてください。

一括見積りから見積もり請求を出来る業者は、厳しい審査をクリアした優良業者のみの扱いです。
そのため安心して利用してもらえますが、業者と直接連絡を取ってみて気に入らない業者だと思ったら契約するのはやめましょう。
中には言葉巧みに契約を迫る業者がいないとも言い切れません。よく分からないからと任せきりにして、営業マンの主張を優先して契約を決めては後で後悔することになり得ます。

また、国、県、自治体から出る補助金制度も考慮したうえで見積りを比較してみてください。