見直される自然エネルギー

2011年3月11日に発生した未曾有の東日本大震災。
この大地震で特に大きな問題となったのが、福島の原子力発電所の事故です。そこから自然エネルギーの見直しが活発に推進されてきていることはご存知だと思います。

自然エネルギーは地球温暖化の防止やCO2削減に有力になるとして導入されています。
簡単に説明すると、自然にやさしく、自然の力を借りて、自然と共存していくことを目的としたエネルギー源ですね。

ただ、自然エネルギーだけで電力がまかなえるのかということが問題です。
この問題については、色んな専門家が色々言っているので、よく分からないという人の方が多いでしょう。日本政府も自然エネルギーに移行する動きを見せたり見せなかったりですが、現実問題として日本では自然エネルギーの需給率は拡大しきっていません。
資源がない日本において、原発が必要とされているというのが一つの理由です。また、CO2削減も原発を取り入れることで目標達成できている面もあります。

とはいえ、政治経済のことは良く分からないにしても、私たち一般家庭が自然エネルギーを導入するメリットは十分あります。

自然エネルギーとして風力、水力、バイオマス、太陽光が現在、利用されていますが、中でも注目されているのが太陽光発電です。
この太陽光発電は個人住宅でも導入できる自然エネルギーです。

屋根の上にソーラーパネルを取り付けて、太陽の光を集めて発電します。そこで発電した電気は自宅の電力源として利用できます。
太陽の光を有効活用した、いわゆる自家発電ですね。

家庭で消費する電力は年間約3600kWhであり、太陽光発電の定格出力3〜4kWで十分まかなうことが出来ます。
雨の日や曇りの日でも太陽光が届いていれば、少量ながらも発電することは可能なので、ほぼ毎日、発電は可能と考えてもいいんじゃないでしょうか。

脱原発を叫ぶ声もありますが、まずは家庭内の取り組みで電力を作り出すことに体制を整えていく必要がありそうです。